sexy girl on floor

会員

黒い服の女性

銭湯に行くと、まずは券売機でチケットを買います。
地域によって違うかもしれませんが、入浴するには入浴料分のチケットを買う必要があります。それとは別で、タオルや歯ブラシなどが欲しい時は別のチケットを買います。そして、それらを合わせて番台さんに提出するのです。ソープも一応お風呂屋さんというような扱いなので、イメージ的にはこの流れとあまり違わないのではないでしょうか。

さて、ソープでは少し特殊な料金の払い方をします。他の風俗のように、基本料金がいくらですという表記はされていません。
ソープの場合は、入浴料とサービス料は別で考えられています。それを足した金額が、ソープで遊ぶために最低限必要な料金です。また、それとは別に入会金が必要になるところもあります。

ソープによって異なりますが、入会金を払うと会員になれるところがあります。これはキャバクラなどで言うメンバー登録のようなものでしょう。最初にいくらか払いますが、それによってお得な情報がゲットできたり、割引がきくこともあるというような仕組みです。
そして、会員の場合は予約が1週間前からできるというようなメリットを享受できるところもあります。入るか入らないかは自由ですが、今後も頻繁に利用する気持ちがあればメンバーになっておく方が得をしそうですね。

僕も行きつけの銭湯では、回数券を買って楽しんでいます。ソープに行く時に、これぞというお店が見つかった場合は会員になってみるのもアリかもしれません。